前記事『WEBプログラミングの環境を整えましょう』にて、WEBプログラミングに必要な環境設定を実施しました。次は文字列や変数を使った簡単なプログラム作りを通じ、プログラミングの基礎を学びましょう!

準備

プログラムを動かすために準備が必要です。やることは概ね前記事と同じなのですが、おさらいの意味を含めてもう一度やりましょう。また本記事は環境設定を済ませた前提で進めます。まだの方は前記事を見て復習してください。

Apacheをスタートさせましょう

インストールしたWebサーバー「Apache」を立ち上げましょう。

まずはXAMPPを立ち上げてください。

「Apache」という文字の横の「Start」というボタンをクリックして、Apacheを立ち上げましょう。エラーメッセージが表示されずに、Startボタンの文字がStopに変われば立ち上げ成功です。

全容を知りたい方は、前記事の「Webサーバー(Apache/XAMPP)」をごらん下さい。

「echo(エコー)」と文字列

ここでは、実際に文字列をWebブラウザに表示させるまでを行います。

コードを書きましょう

まずはこの世で最も簡単かコードを作り、動作させてみましょう。最も簡単なコード、それは「echo」です。お手持ちのテキストエディタで新規ファイルを作成し、以下のようにコードを書きましょう。

 

おめでとうございます。これで完成です。でも、安心してはいけません。きっちりファイルとして保存しておく必要があります。今回はファイル名を「echo.php」としておきましょう。ちなみに保存のショートカットは「(CtrlまたはCommand) + S」です。ファイルは「xammp/htdocs」内に作ります。WindowsならC:¥xampp¥htdocs、Macなら/Applications/XAMPP/xamppfiles/htdocsに保存しましょう。デフォルトではこの「htdocs」というフォルダが公開フォルダになっています。

拡張子は「.php」

ファイルには拡張子というファイルの種類を識別する名前を付けてあげる必要があります。PHPの場合は「.php」です。これでApacheというWEBサーバがファイルを見つけてくれます。プログラミングではファイル名の拡張子はデフォルトで表示しておいたほうがよいのでファイルエクスプローラーなどから設定をしましょう。

拡張子チェック

出力させてみましょう

それでは動作を確認します。インターネットエクスプローラー(できるだけChromeを使いましょう)を使って今作ったファイルにアクセスします。

アドレスを「localhost/echo.php」と打ち込んでアクセスしてみましょう。以下のように表示されれば成功です。

echo

変数には「型」がある

今までは固定の文字列を出力していました。しかしプログラムでは出力する内容は都度変わります。例えば、今日の日付と時刻を表示させる場合を考えれば分かりやすいでしょう。常に表示内容が変わりますよね。

プログラムでは、内容が変わってもいいように変数というものを使います。

変数って?

プログラムのキホン、変数とは何かを説明します。変数とは、都度変化する値を格納する箱と思ってください。例えば足し算です。1+1を計算させることもあれば、100+100の場合もあります。無限の組み合わせをあらかじめ考えるよりも、「x+y」という2つの値の関係性だけを示しておき、都度xとyに値を入れるというほうが合理的ですよね。

この場合、xとyそれぞれを変数といいます。変数は使う前にあらかじめ用意しておきます。それを宣言といいます。変数に値を入れることを代入といいます。

当面は学校の数学の時間で習った変数と同じ、と考えてください。

型を覚えましょう

ところでこの変数、があります。型とは数値や文字、日付といったいわゆる値の種類です。言語によっては宣言時に決めるのですが、PHPでは宣言した後、最初に入れた値によって決まります。どんな型があるかすべてを見たい!そんな方はPHPのマニュアルをごらんください。

数値って?

数値とは、文字どおり数値です。1,2,3,….や100、12345などなど。厳密にいえば数値は小数点を持たない整数小数点以下を持つ浮動小数点に分かれます。当面は整数だけをあつかいましょう。

計算してみましょう

数値なので、計算ができます。四則演算が可能です。ちょっとやってみましょう。

一通り試してみました。感覚がつかめたでしょうか?普通と四則演算とのちがいは、*が掛け算、/が割り算ということです。

文字列って?

数値があれば文字もあります。文字用の変数を宣言して、そこへ普通の文字と時刻を入れてみましょう。

これで変数に文字と時刻(時刻を文字列に変換したもの)を入れることができました。

表示してみましょう

先ほどの例は、変数に値をそれぞれ代入したのはいいけど結果を見ることはできません。結果を確認しないと意味がないですよね。もちろん可能です。画面に値を表示させるにはすでに出てきたechoを使います。固定の文字列でも、変数でもechoです。前述の例すべて、echoで表示させるよう変更してみましょう。

出力しただけではすべて横につながってしまい見にくいので、brタグを付けて改行させています。

[実行結果]

うまくいきました!

まとめ

いかがでしたか?

PHPで何か試すには、本記事の手順が基本です。Apacheを立ち上げる、新規ファイルを作る、コードを書く、保存する、実行する、です。本記事の内容もさることながら、実行までの手順を何度も繰り返し、感覚をつかんでくださいね!