2018年 最新IT就活事情

エンジニアの不足

これからエンジニア、プログラマーの総数が足りない時代が来るといわれています。そんな中で特にWEBプログラミングは非常に重宝されるでしょう。Facebook、Wikipedia、Yahoo!、 Tumblr、 WordPress等はPHPで構築されています。今後も求人の需要は増加する見込みです。

情報はどこで調べる?

ITの求人サイトを利用するのがよいでしょう。

レバテック

レバテックは、IT・Webエンジニア/クリエイターに特化したサービスです。初心者からエキスパートまで多くの案件を紹介しています。WEBプログラミングならPHPやRubyなどの案件が多くあります。

初心者だけど大丈夫?

WEBプログラミングは文系から転身する方も多く誰にでも可能です。最近ではWEBデザイナーもPHPなどのサーバサイドプログラミングの技能を求められているので学習しておいて損はないでしょう。

年齢との関係

誰しもプログラマーを目指すことができます。ただし、年齢によって業界に入っていく方法は違いがあるようです。ここで確認しておきましょう。

20代前半

研修を用意している企業も多くあります。ただし、一度業務が始まるとスキルによって給与も変わっていきますので、事前に予習しておく必要があるでしょう。言語数もHTML/CSS , PHP, Javascriptと基本的なものはマスターしておきたいです。勤めた後のことも考えて準備を始めてください。

 

20代後半

まだ、ぎりぎり研修などを用意している企業もあり、初心者からでも入っていけます。ただ、基本的なスキルをすでに持っていたほうが転職において有利になります。なるべく良い条件で雇用されるために事前にスキルの習得、そしてできればクラウドワークスやランサーズなどで案件対応しておくとよいでしょう。

30代~

実際の業務経験を求められます。ただし、プロジェクトマネージャーなど本格的な管理者経験でなく、プログラミングのスキル中心に問われることになるでしょう。PHPは「オブジェクト指向」、フレームワークの扱い方まできっちりと習得してください。また、業務経験は会社員をしながら確保することもできます。クラウドソーシングのサイトで少し長めに期間を設定して安めの案件(5~10万)、難易度の低いオファーに対応するのも手です。

年齢が上がるにつれて

当然ですが、実務経験がメインで問われることになります。一度エージェントなどを介して相談してみると良いでしょう。また、別の言語からのWEBプログラマーへの転職はそれほど難しくないようです。

 

以上が就転職事情になります。IT専門のWEBサービス、求人サイトなどを利用するとより業界を理解しやすくなるでしょう。事前に業界のことを調べてモチベーションを上げてみてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です