PHP vs Ruby どちらを学習すべきか?

PHPとRuby どちらを学習すべきか?

PHPとRubyの比較

PHPの特徴

メリット

学習コストが低く習得しやすい

オブジェクト指向なしで制作できる

デメリット

安易に書くとセキュリティ的に弱くなる

ネット上に豊富にデータがあるが、質がまちまち(初心者の記事は実践で使用し内容がよい)

Rubyの特徴

メリット

シンプルな記述でコードが書ける

Ruby on Railsという定番フレームワークが強力

デメリット

学習コストが高く、Ruby on Railsが必須になる

初心者がいきなり始めるのに苦戦しやすい

どんな人に向いているか

PHP向きの人

コーダーをしていて、サーバサイドの依頼にすぐに対応する必要に迫られている

WEBサービスを立ち上げて起業したい

習得しやすい言語から多言語学習の足掛かりとしたい

Ruby向きの人

学習が得意で多少難易度が高くても本格的に学びたい

サーバサイドエンジニアをがっつり目指したい

 

最新の求人

特に言語による差を考える必要はない

エンジニアが不足している現状において、どちらの言語が有利ということも内容です。PHPの場合は、基礎だけでなく、Laravelなどのフレームワークを学習しておくと就職などに有利に働きます。求人数ではPHPのほうが多いようです。

 

言語差よりも深さ

どの言語が良いというよりも、一つの言語をどれだけ深く習得しているかが重要なようです。Rubyは初めから本格的なオブジェクト指向を求められます。PHPはオブジェクト指向を使わなくてもプログラムできますが、本格的に仕事で使う場合は必要になります。自己学習に自身のない方は、入りやすいPHPで学習を始めてみると良いでしょう。学習は継続的に続けるべきです。少しずつ難易度を上げながらプログラミングに慣れていきましょう。

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です